2009年03月28日

チアシードのレシピを教えちゃいます。

チアシードを使った料理レシピやお菓子レシピは、今やブログやサイトの人気カテゴリー。
されど、他のナッツ類に比べて、チアシードには多種多様のダイエットや健康に対する効果があるのも事実です。
このチアシードジェルを使ったレシピがあれこれ紹介されていたんですよ。
レシピと言っても、まあようするにこのチアシードジェルをいろいろな食材に混ぜるというだけなんですけどね。
このジェルを混ぜ込んだチアシードマーガリンやドレッシングというのも入っています。
チアシードは毒気や臭いがないので、調味料に混ぜても味が変わる事は余りないようです。
チアシードジェルは、水と泡立て気さえあれば簡単に作れるそうですよ。
勿論、チアシードそのものはある程度の分量が必要だと思いますけどね。

チアシードジェルは、たっぷりの水を加えて作るそうです。
ただですらも水を含むと思いきり膨張するこのチアシード。
でも大丈夫、このチアシードジェルは密封容器に入れて冷蔵庫に保存しておけば2週刊位は持つみたいです。
後は使いたい時に濃度や分量を調節して、使いたい分だけのチアシードを使えばOK。
何かと重宝出来そうなチアシードジェルのレシピというのも紹介されていました。
チアシードの最大の特徴は、水を含むと10倍位に膨張する事です。
手軽なところでは小麦粉にチアシードを混ぜ込んだホットケーキやクッキー。
あれから半年、今ではこのチアシードジェルは我が家の冷蔵庫の常備品となっています。
昨日、チアシードに関するブログを読んでいたら、こんな記事を見付けました。
多少チアシードの食感はありますが、味や臭いそのものには何の影響もなく、見た目も殆ど判りません。
こうして私は、自家製のチアシードジェルに出会い、早速試してみたのであります。
勿論本格的なチアシード入りのケーキやパンだって、家庭で十分作れます。チアシードをジェル状にしたペーストのようなものを作って冷蔵庫に保存しておくといい。
出来ればこのチアシードジェル、クリーム状や液体状のものに混ぜるといいみたいですね、バターとか、ドレッシングとか、ヨーグルトとか、ケチャップとかね。
まあ、自分のダイエットと家族の健康を考える主婦にとって、チアシードはささやかなぜいたくと言ったところでしょうか。
posted by diet at 22:08 | チアシード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チアシードの効果って?

ダイエット関連のブログやサイトでは、今やすっかりおなじみとなっているチアシード、ちょっと注目してみてもいいかなぁっていう感じですね。
昼休みにショッピングモールの地下へお弁当を買いに行った時にちょうど、そのチアシードクッキーの試食販売みたいなのをやっていたんですよ。
勿論全てのチアシードを使った食品が甘くて美味しい訳ではないとは思いますが、これでダイエット効果が期待出来るのなら、うん、いいんじゃない。
豆乳クッキーとか、おからクッキーっていうのはこれまでにもダイエットフードの定番とされて来ましたよね。
それにチアシードを配合したものだから、きっと効果は期待出来ますよ。
因みに、今日もらったチアシードのクッキーは結構美味しかったです。
確かチアシード入り豆乳おからクッキーだったと思うんですけどね。
チアシードは胃の中に入ると、10倍位に膨れ上がるんだそうです。
だから、チアシードを食べた後は、しばらくおなかが空かないのだと言われています。
仕事から帰ってチアシードに関するブログやサイトを少し読んでみました。

チアシードは食物繊維が非常に多く、摂取すると便通がよくなると言っていました。
チアシードは別にダイエット目的だけでなく、自然の便秘薬としての効果も大きいそうですね。
だから、チアシードには無理せず健康的に痩せる条件がある程度揃っているのかも知れません。
日本では単なるダイエット食品に過ぎないチアシードも、国が変われば薬としての効果を重宝されているという情報もありました。
初めてのチアシード体験はちょっとびっくり、これって本当にダイエットフードなのって感じでした。
学生時代の友達の中にも最近このチアシードを用いたダイエットにはまっている人がいます。
ただし、あくまでも本当に効果が出るのならというのが前提ですが、これが私のチアシードに対する第一印象でしたね。
チアシードダイエットをやっている友達に言わせると、そうすぐには結果がでないだろうけど、悪くはないみたいだとの事。
だって、そのチアシードクッキーの試食販売をしていたお姉さん、結構立派な体格だったんですよ。
今日、チアシード入りダイエットクッキーのサンプルというのを貰いました。
posted by diet at 22:05 | チアシード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

チアシード入り豆乳おからクッキー

チアシードと言えば、今流行りのダイエット食品ですが、どのように摂取していらっしゃいますか。

チアシード入りのサプリメントなんていうのも、最近は結構ポピュラーですよね。

されど、チアシードはチアというシソ科の植物の種、そのままボリボリやるのではハム太郎君になってしまいます。

なので、やはりチアシードをそのままつまむという話はあまり聞きませんよね。

それに、チアシードは300グラム程度でも2000円位するし、そのまま食べるなんて贅沢な事、そうは出来ないですよね。

チアシード入りの食品は、最新のダイエット食品としてもてはやされています。

もともとダイエット食品として開発された豆乳おからクッキー、それにチアシードを混ぜたものです。

まさしくチアシード豆乳おからクッキーは、最良のダイエットフードという事になるのでしょうか。

まあ確かに、従来の豆乳おからクッキーにチアシードを加えた事により、空腹との戦いが軽減されそうな感じもします。

何しろ、チアシードの一番のダイエット効果は、満腹感の持続性ですからね。

でも、チアシードの最大の特徴は、やはり水を含むと10倍近くも膨らむと言われるその膨張力ですもんね。

チアシード入りの豆乳おからクッキーを食べると、膨張効果が発揮され、満腹感を得られるのでしょう。

例えばディナーをこのチアシード豆乳おからクッキーで済ませたとすると、そのカロリーは150キロカロリー程と言う事になります。

これは子供用のお茶碗一杯分のご飯のカロリーと同じ位だそうですよ。

それに何より、このチアシード入りの豆乳おからクッキー、すごく美味しいんですって。

チアシード豆乳おからクッキーの味の評判は、ブログやサイトをみていると、ほぼ安心出来そうな感じ。

取り合えず2週間分で2000円前後みたいだし、一日一食このチアシード豆乳おからクッキーにすれば、経費の節約にも繋がります。

と言う事で、ブログやサイトを読んでいるうちに、ついつい私も購入してしまいましたよ、チアシード豆乳おからクッキーのココア味。

posted by diet at 14:17 | チアシード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チアシードって

チアシードダイエットっていうのが、今、人気になっているのだそうですね。

昨日の日曜日、風邪薬を買いに近所のドラッグストアーへ行って、初めてこのチアシードという言葉を聞きました。

その時はまだチアシードどころか、それが何の行列なのかも全く解りませんでした。

そこで、最後尾の方にいたおば様に訊いて見ると、チアシードの特売だと言うではありませんか。

幸い、そのチアシードなるものは、特設コーナーで専門のスタッフによって販売されていました。

お陰で、ぼくはチアシードラッシュに巻き込まれる事なく、風邪薬と栄養ドリンクを買って帰って来る事が出来ました。

チアシードはチアという植物の種で、これを用いたダイエットが、昨今注目を集めているみたいですね。

チアシードの元になるチアという植物は、シソ科サルビア属ミントの一種。

アルゼンチンやボリビア、エクアドルなどの南米で栽培されている果実で、メキシコ産のチアシードが人気のようですね。

ただし、メキシコやグアテマラでは、ゴールデンチアという似たような植物が栽培されていて、原住民たちはチアシードと同様に料理に使ったりしているらしいですね。

チアシードは種の部分ですから、当然小さな粒、直径1ミリ程度の大円形をしていると言います。

又、チアシードからは、ナトリウムを豊富に含んだ油が取れる事でも知られているようです。

チアシードダイエットの一番の魅力は、満腹感が出る事みたいですね。

種子の表面を覆う水溶性繊維が水を含むと10倍位に膨張するらしく、それがチアシードダイエットに繋がるという訳。

だから、食事を控えめにしてデザートにチアシードを食べる女性が多いと聞きました。

しかも、そのチアシードの満腹感は結構持続性があるらしく、感触を防げると言います。

チアシードには臭いがなく、食べやすいという声も多いようです。

ダイエットの大敵とされるデザートとして取り入れられるチアシードは、最新の食物繊維サプリメントみたいですね。

ダイエット関連のブログやサイトを検索したら、すぐにこのチアシードの正体を知る事が出来ました。

チアシードに関するブログやサイトは、これからも是非読んでみる価値ありではないでしょうか。
posted by diet at 14:12 | チアシード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。